玉川大学芸術学部パフォーミングアーツ学科について

さまざまな分野の表現活動や制作活動、その企画・運営まで。理論と実践を融合した芸術活動を体験し、芸術による社会貢献を追求する。
社会の成熟、テクノロジーの発展によって、芸術は社会のさまざまな場に進出し、その裾野を広げようとしています。現代では、メディア•アート、デジタル•アートなどの新しい表現方法も出現し、芸術を志す者にとって“今”ほどおもしろい時代はありません。こうした多様で成熟したアートシーンの展開に向けて、理論と感覚を根底に、さまざまな表現活動や制作活動、その企画•運営など、理論と実践を融合した芸術活動を体験することで、「芸術と社会の新しい関係」を追求し、芸術文化に貢献できる、つまり人と人とをアートでつなぐことのできる人材を養成します。
 
創造性と実践力•高い知識と技術力 芸術文化の創造リーダーをめざす芸術学部
芸術教養をベースに、専門性の高い知識と実技(技術)能力、実践能力の向上を図り、芸術からアートへと多様な広がりを見せる現代社会にあって、実践に裏づけされた時代感覚鋭い芸術文化の創造リーダーをめざし、学部のミッション「芸術による社会貢献を実践できる人材」を養成します。
 
パフォーミング•アーツ学科では、「音楽•演劇•舞踊」を対象とする上演芸術を、メディア•アーツ学科では「音楽•映像表現、空間•環境造形、コンピュータアート•コンピュータ音楽」を対象とするデジタルアートを、ビジュアル•アーツ学科では「絵画•彫刻•デザイン•工芸」を対象とする視覚芸術を。それぞれの学科の独自性と、3学科の有機的、機能的なつながりを教育活動の最大の特色として、総合大学の学際的教育環境のなかで豊かな芸術教育を展開します。