多摩美術大学美術学部演劇舞踊デザイン学科

美大で舞台を学ぶ。
それは、どういうことでしょうか?

 
舞台とは総合芸術です。その創造に向かって、イメージ豊かな表現力や造形力を持つ俳優、舞踊家、演出家、劇作家、舞台美術家、照明デザイナー、衣裳デザイナー等を育成することが当学科のねらいです。
 
 
授業では徹底した実践性に重きをおき、各分野で第一線のプロとして活躍する教員が現場性をもって、身体表現のメソッドや上演実習、スタッフワークの技術指導等を行い、これからの舞台芸術を担うプロフェッショナルな表現者を育成しています。
具体的には「演劇舞踊コース」と「劇場美術デザインコース」の2つのコースが専門性を高め、コラボレーションしながら舞台上演を学びます。俳優や舞踊家志望の学生にも美術造形の実習があり、芸術的な感性に日々磨きをかけて、ユニークな舞台づくりを目指しています。
 

演劇舞踊コース

1・2年次には演技、ボイストレーニング、ダンス、デッサンや造形などの総合的な演習で演劇と舞踊の基礎となるスキルを徹底的に習得していきます。演技もダンスもトレーニングできること、俳優や舞踊家志望の学生にも「美術造形」の実習があることが特長です。3・4年次には演劇と舞踊の専攻に分かれ、「演劇表現演習」で演技、演出、劇作を、「舞踊表現演習」でダンス、コレオグラフィーを専門的に学び、卒業制作へと発展させます。
 

劇場美術デザインコース

1年次にデッサンや色彩構成などの基礎的な造形力と、講義、製図、模型製作、コンピューター演習などで劇場美術の基礎となるスキルを徹底的に習得します。2年次には舞台美術、映像美術、照明、音響、衣裳などカテゴリー別演習を履修し、将来のデザイナーとしての方向性を見つけます。3年次には「ゼミ方式」でカテゴリー別演習の専門スキルを高め、それをもとに4年次に卒業制作に取り組みます。
 

基礎教育と現場性の重視 

「演劇舞踊」、「劇場美術デザイン」両コースとも基礎となるスキルの習得にじっくり腰を据えて取り組みます。また「教養/専門講義」として欧米と日本の演劇舞踊史、身体表現論(伝統芸能、バレエ、コンテンポラリーダンス)、劇場文化論(オペラ、バレエ、ミュージカル)、劇場美術デザイン史、映画映像史などスキルの習得に連動した幅広い理論系科目を履修します。
それとともに現場性も重視しています。観劇にはゲネプロ見学やバックステージ・ツアーを組み合わせ、またドラマや映画の制作現場見学とスタッフワークを組み合わせるなど、制作現場の実践的な理解と体感を高める演習を提供しています。3・4年次には「上演制作実習」で演劇舞踊スタジオや外部の劇場を使用し、両コースが連携して実践的な上演制作を行います。こうして数多くの体験型授業を積み重ねて最終的に「卒業制作」に繋げていきます。