桐朋学園芸術短期大学演劇専攻について

演劇専攻は、戦後の演劇界に多くの逸材を輩出したことで知られる俳優座養成所を前身とし、千田是也、安部公房、田中千禾夫という日本演劇界の巨星たちにより、専門俳優を大学で養成する目的をもつ日本で初めての教育機関として、1966年に創設されました。
専門俳優・表現者に必要な実技訓練に支えられ、幅広い教養と視野を兼ね備えた、未来の演劇人を育成する、日本でただひとつの実践型芸術短期大学です。
舞台俳優としての基礎となる声と身体を使った表現を学ぶストレートプレイコースと、演技だけでなく、ダンス、歌唱など、ミュージカル俳優としての基礎を学ぶミュージカルコースがあります。

3つの力を養うカリキュラム

演劇専攻のカリキュラムには、3つの指針があります。第一は本を読む力。ことばを演劇にしていくための想像力を養います。第二は、身体の鍛錬。想像したことを実際の動きにかえられる身体能力を磨きます。第三はアンサンブルをつくる力。チームでつくる舞台芸術に必要な協働の精神をやしないます。

少人数制によるクラス編成

1学年を少人数クラスで編成。演劇演習および各専門実技科目では、少人数制の授業を展開し、一人ひとりにきめ細やかな指導を行うことで、各自の才能を伸ばしていきます。

音楽専攻とのコラボレーション

本学には演劇専攻と音楽専攻があり、年間を通じて行われる公演の音楽を、音楽専攻の学生たちが実演しています。ピアノ、ヴァイオリンなど西洋の楽器だけでなく、三味線や尺八などの日本音楽の楽器まで、多くの楽器を学ぶ学生とのコラボレーションは、本学ならではの芸術体験といえるでしょう。